ブログ

今こそ力を合わせて!

2021.05.31 <日記

image_6483441.JPG

5月29日、土曜日の上毛新聞の「みんなのひろば」に『ワクチン接種の予約できた』という題で、投書が寄せられていました。
「20日のワクチン接種予約の際、電話が繋がらず、元総社SSに行ったところ、5人のサポート職員の手際の良さもあってスムーズに予約ができた。高齢者に配慮した予約サポートのありがたさをしみじみと感じた」
という内容でした。嬉しいことです。
(この日、実は5人のサポート職員という中のひとりが私なのですが。。)
私自身が入力作業でサポート職員の皆さん足手まといにならぬよう、予約入力の特訓をして望んだ甲斐があり、私の机もつくっていただき、ご近所の方のお手伝いをすることができました。確かに20日の日は元総社公民館ではスムーズに新型コロナウイルスワクチン接種予約のサポートができていたと思います。
5月17日の75歳以上の方の時もお手伝いさせていただいたのですが、サポートの職員さんも私も入力が初めてで来てくださった方にご迷惑をかけていたかもしれず、反省しながらのサポートでしたが、来てくださった皆さんが安心して、喜んで帰ってくださったことが救いでした。
人類の歴史上、我々は多種多様なウイルスに悩まされ、戦ってきたのだと思います。
しかし、今、世界を揺るがすパンディミックとなり、それぞれが初めての手探りの戦いです。
こんな時だからこそ、失敗したら立ち止まり、でも急いで。。。
「力」を合わせて、戦う時なんだと思います。
元総社公民館で、お昼も食べず、館長と職員さんと懸命に皆さんのお手伝いをしたこと。。。
いつか思い出話しになることを信じて。。。

新型コロナワクチンの接種が始まる

2021.05.16 <日記

前橋市の高齢者(65歳以上)の新型コロナワクチン接種における変更について
(地域ですでに回覧で回っていると思います)
高齢者施設に入居していない75歳以上の皆様へ
お手元に前橋市からのハガキは届いているでしょうか?
●来週の月曜日、5月17日の午前9時から先行予約ができます。
※オレンジの封筒と封筒内の接種券を用意してください!
インターネットでも、電話でも受付けます。インターネット予約が不安な方は、お近くの公民館などのサポート窓口でインターネット予約のお手伝いをいたします。
●予約可能期間を7月31日(土)まで、1ヶ月延長しました。
●1回目の予約をした時点で、2回目の予約ができます。
高齢者施設に入居していない65歳から74歳の皆様へ
●予約開始は5月20日木曜日の午前9時からです。
※オレンジの封筒と封筒内の接種券を用意してください!
インターネットでも、電話でも受付けます。インターネット予約が不安な方は、お近くの公民館などのサポート窓口でインターネット予約のお手伝いをいたします。
●予約可能期間を7月31日(土)まで、1ヶ月延長しました。
●1回目の予約をした時点で、2回目を同時に予約できます。
※今後も地区自治会等のご協力で支援場所が増える可能性もあります。地域情報や前橋市のホームページ等をチェックしてください。
※接種を受けられる医療機関の追加もあります。

県都前橋の市民としての矜持

2021.04.10 <日記

萩原元市長の訃報をお聞きいたしました。

様々な想い出が頭をよぎります。

萩原元市長の功績を讃える山本前橋市長のメッセージから引用させていただきます。

「自転車の世界選手権自転車競技大会トラックレースの開催をご縁に頂いた寛仁親王牌競輪選手権から始まったヒゲの殿下とも親しまれた三笠宮寛仁親王との知遇を賜りました。IAAF世界室内陸上競技選手権開催もグリーンドームの活用を示す功績です。」

これはミカプランニングとして企画に参加させていただきました。

 「1997年にはイタリアのオリビエートと、1998年にはアメリカ、バーミンハムとの姉妹都市の友好が始まりました。今でも様々な市民交流が続いております。」

これも企画段階で何度かイタリアのオルヴェートに行きました。

多分、私は前橋のために少しだけ役に立っていたような気が致します。

そして、若い私も前橋の代表として矜持をもっていたような気も致します。

「県都前橋のあらいみかです」と言って、どんなに立場の上の方でも接する私。

そんな若い私を萩原元市長は目を細めて見ていました。

長い間、ありがとうございました。

天赦日に想うこと

2021.03.31 <日記

image6.jpeg総社神社の花手水

ただこれだけで美しい。

コロナで神社参拝の前に口をすすぎ、手を洗い、心身を清める場所(手水舎)はなくなったかのように思えましたが、このように美しく生まれ変わるとは・・・

その時、それなりに人間は進化するのだと思います。

しかし、日本人としての心や機微だけは失いたくないのですが、なんとその「空気」の読めない人が増えたことか。。。

周囲の人が気分が悪くなるようなことは、それはもう「正義」や「正論」ではないのです。

日本は美しい国で、清潔でしかも安定し、平和です。嫌な方は外国に住めばいいのです。

日本人が桜で浮かれている今、ミャンマーでは国民が殺されています。

この花手水は人の心を穏やかにし、静かな麗しい空気を醸し出し、人々が幸せになります。

そんな女性に私もなれるよう日々、努力をしていきたいと思います。

前橋市議会議員としての覚悟

2021.02.28 <日記

image1.jpegこんばんは

県都の市議としてまた仕事ができるチャンスをいただきました。

選挙中は大きな声で選挙カーから喚きちらし。。。

失礼いたしました。

ご迷惑をおかけしました。

ただ、前橋の美しさを守りたいと思います。

前橋はとても美しい場所です。

残しておきたい自然。奥行きのある歴史。感じる柔らかい空気感。

それは育った街だからだけではない懐かしいあたたかい故郷の香りです。

この景色を後世に伝えることが、私の「覚悟」です。

前橋市議として

2021.01.21 <日記

「なぜ、市議会議員になりたいと思ったのですか?」

と聞かれることがあります。

シンプルな質問ですが、お答えするのがなかなか難しいのです。なぜなら色々な思いがあり、一言では言えないのです。しかし、最初の選挙の時に、はじめにその質問を私に聞いたご婦人がいらしゃいました。福田康夫元総理夫人です。

私は大変恐縮して、直立不動のままなにも答えられませんでした。

その時、夫人が「前橋市民の皆様のために役に立ちたいとただ、それだけ言えばいいのよ」と笑顔で優しく仰ってくださいました。

まさにその通りなのだと思います。頭であれやこれやと考えるより、「前橋市民の皆様のために」という想いからブレなければ議員としてなにも悩むことはないのです。ただそれのみなのだと思います。

私は九州に嫁ぎ、二歳の娘を連れて、前橋に戻ってきました。その頃は「バツイチ」などどいう言葉もなく、ひっそりと目立つことなく暮らしていましたが、明日のごはんにも困る状態の中、ひとり親の18歳までの医療費無料等の国の補助にどのくらい救われたかわかりません。

そんな経験から国や県や市の政策に興味を持ち、勉強を始めました。

それが今に繋がっていると思います。

「前橋市民のために」

そのことだけを心に止めて、今日も歩きます!

 

今年もありがとうございました。

2020.12.31 <日記

新型コロナウイルスに翻弄され続けた2020年が終わろうとしています。

人類はこれからどこに向かうのでしょうか?

私の尊敬する考古学者の方から先日、こんなメールが着きました。

「私は考古学を研究している立場からコロナ禍を見ていると、文明の転換点の一つに疾病を上げている研究者がおりますが今回のコロナ禍を見ていると納得してしまうところがあります」

これを読んだ時少し気持ちが楽になりました。

何かが新しい時代に突入する時の「ゆるぎ」なのでしょうか?

ならば。。

甘んじてそも時代を受け入れ、強く生きたいと思います。

皆様とともに。

前橋市議会 12月定例会 総括質問 区画整理と発掘調査のついて

2020.12.23 

1 元総社蒼海地区について

 (1)区画整理事業

 元総社蒼海地区は、土地区画整理事業の進みとともに、賑わいと住みやすさを兼ね備えた新たな街へと変貌を遂げつつあります。

 また、同じく本地区で進められている埋蔵文化財発掘調査では、特に重要な遺構、遺物が出土しているとお聞きしており、今後もその調査結果には大きな関心を持つところです。

しかしながら、土地区画整理事業の進捗率は6割以下であり、いまだ仮換地が未指定の場所もあるなど、埋蔵文化財が及ぼす事業への影響は非常に大きいのではないかと思っております

本地区における土地区画整理事業への地元住民の期待は大きく、1日も早い整備が望まれるところです。

 そこで、元総社蒼海地区における土地区画整理事業の今後の進め方について伺います。

(答弁者 都市計画部長)

元総社蒼海地区における土地区画整理事業の今後の進め方についてですが、本地区内には上野国府跡と推定される重要な区域があり、そうした区域においては、仮換地指定にあたり困難な状況が続いております。

 今後は、文化財保護課をはじめ関係部署との緊密な連携のもと仮換地指定の進捗に努めるとともに、早期整備を望まれる地元の皆さまの期待にお応えできますよう取り組んでまいります。

 

建設水道常任委員会 下水道整備について

2020.11.30 <日記

 (質問)

1 下水道整備について

(2)ストックマネジメント計画

管渠の整備状況については理解したが、戦後の高度経済成長期において建設に注力していた時代は終わり、整備した膨大な施設は老朽化が進み、管理運営の時代になってきていると実感している。

更新にかかる事業費についても、将来に向けて安定的な下水道事業を目指す中で重要な課題となると考える。

 令和元年度にストックマネジメント計画を策定したとのことだが、その概要について伺う。

(答弁)

 これまでは管路改築更新計画を策定して古い管路から改築更新を進め、国の下水道長寿命化支援制度を活用し、改築更新を行ってきましたが、昨年度「前橋市下水道ストックマネジメント計画」を策定しました。

この計画は、長期的な視点で下水道施設全体の老朽化進行状況を考慮し、リスク評価により優先順位を付けた上で施設の点検・調査・修繕・改築を実施し、定期的な見直しを行いながら施設管理を最適化することでライフサイクルコストの低減を目的に計画的かつ効果的な管理を行うための計画であります

今後もこの計画を基に国の補助事業を有効に活用しながら、未来に向けて持続可能な下水道事業に取り組みます。

 

(要望)

ストックマネジメント計画と一言で言っても長期的な視点で下水道施設全体の老朽化進行状況を考慮し、施設の点検・調査・修繕・改築を実施し、効果的な管理を行うということが浄水に比べ下水道がどのくらい大変なことかは建設水道常任委員会の委員として下水道施設の視察等に訪れる中で勉強いたしました。決っして止めることができないままでの地道な作業であるし、下水を使わない夜間の作業が多いとお聞きし、頭が下がります。

コロナ禍の中でも前橋市民を守るライフラインです。

未来への取り組みをよろしくお願いいたします。

9月議会での出番は3回。総括質問、委員会質問、討論。その違いは?

2020.10.13 <日記

議会の総括質問については「総括」という言い方は前橋市独自のものです。

「一般質問」という言い方の方が皆さんも聴き慣れているかと思います。

一般質問とは、議員が当該地方公共団体の行政全般(自治業務、法定受託事務を総称するもの)にわたり、執行機関に対し、事務の執行の状況または将来の方針案について説明及び報告を求め若しくは所信を正すことであり、

IMG_8544.JPG議題に対する質疑とは異なります。

質疑とは議題に供された事件に対して、疑義を正すことであるからその範囲を超えてはならないので、本市議会では昭和57年の第1回定例会から、質疑と一般質問を併せて、総括質問としています。

質問で幅広い内容を質問できるのが前橋方式。

委員会は所管事務について、調査するものと限定されているので、「質疑」に該当するのが委員会です。4つの委員会の所管は、総務・教育福祉・市民経済・建設水道となります。

議員は委員になって質疑します。

討論は、会派の代表で登壇します。

討論とは、議題に供されている問題に対して、議会の意思決定の前提として議員が賛否の意思を表明することであり、さらにまだ賛否の意思の決定しない議員に対し、自己の意思に賛同させ、また反対意見書を翻意させるためのものです。

皆さんにわかりやすく説明したいのですが、やはり少し難しい説明になってしまいます。申し訳ありません。

あらいみか(新井美加)

あらいみか事務所

〒371-0846 前橋市元総社町 2274
tel: 027-289-6469 fax: 027-252-0143
mail: info@araimika.com