ブログ

神様の通る道で起きた今朝の事件 

2016.12.31 <日記

IMG_0136.JPG私の聖域にかけられていた看板が見るも無惨な姿で道路脇に叩きつけられていました。

顔全面を覆う黒いスプレー。枠はへし折られ、裏にまでらくがきがありました。英語の文字は写真のように横にして見ると「し尿」というような意味らしいです。

すぐ警察を呼んで「器物破損」で犯人を探してもらっています。防犯カメラも設置しなくてはなりません。

通りすがりの酔っ払いの犯行ではなく、スプレーや針金を切るハサミなどを用意周到に準備してピンポイントで私の看板を狙ったらしいので、「怒り」を通り超して「あきれて」はいるのですが、青春時代は「元総社のみかだけど」で生きてきて、「元総社選出の市議会議員」になって、まさか地元地区に掲げてある看板のうち、わざわざ総社神社の看板をやられるとはつくづく私もなめられたものだと思います。

こうしたことをブログなどで書くのも本来はばかれますが、「品格のある県都前橋の選挙をしたい」と市長とも話していた矢先になんとも下品な手口でやられてしまいました。

若い頃から選挙に顔を出し、それなりに戦いを経験していますが、こんなことをするようになってきているとは「武士の一文」などはまったくないし、これからの選挙はどうなっていくのかと情けなくなります。

ネットでの誹謗中傷も政治家にはつきものですが、こんな低レベルなことを考えるのははたしてどうなのでしょう?
こうしたことで叩きあう選挙の到来なのでしょうか?

「忘れる」「相手にしない」「関わり合わない」・・最近の流行り。

もしかしたら、この「流行り」のせいで、こんなことをする人間がつくられているのでは・・と思います。

なので、あえてブログに書きました。

テレビの中でたたかれている女性政治家のことは人ごとのように思っていますが、自分の身の上の起こるとなんともつらいものだと思います。

私が「つらい」と思うことは「このこと」をやった犯人にとってはしてやったりなのですが、
総社神社の私の看板が立てられているあの方向は、知る人ぞ知る神様の通り道なのです。

幼い頃から私が泣くと風が吹く・・守り道。

IMG_0141.JPG

あらいみか(新井美加)

あらいみか事務所

〒371-0846 前橋市元総社町2274
tel: 027-289-6469 fax: 027-289-6468
mail: info@araimika.com