ブログ

視察報告  まちづくりの悩み 

2014.07.10 <日記

紋別市まちづくりビジョン

 

■  紋別市まちづりビジョンは、紋別市の中心市街地の目指すべき将来像を明らかし、まちづくりの基本的な方向性を示します。

本ビジョンの計画期間は、概ね10年間とします。

 

中心市街地区域について

 

■  中心市街地とは、商業。業務、居住等の都市機能が集積し、長い歴史の中で文化、伝統をはぐぐみ、各種機能を培ってきた「まちの顔」といえる地域です。本ビジョンにおいても、市役所をはじめ郵便局、銀行等の公共公益施設や業務、サービス機能などが集積するこの地域を中心市街地区域とし、活性化対策の継続、強化を図っていくものとします。

重点区域について、中心市街地区域の本・港・幸町3丁目から5丁目を重点整備地域として設定し、重点的に施策展開、事業投資を行うものとします。

 

 

※  問題点

中心市街地の空き地、月決めの駐車場の大地主との話合いが難航。

 

 

質疑

中心市街地に大地主がいらして、土地と建物が別所有となっているとのことですが、昔からですか?

 

応答

昔からそのようになっています。

お寺さんが所有しているところがあり、土地を貸しています。

協力したいけれど、なかなか難しいとのこと。

 

質疑

商店街は行政まかせという感じはどこの地方都市でもあり、商店主の高齢化の問題もありますか?

 

応答

若手の方も危機感は感じているものの積極性にかける。

リーダーがいるといいのですが。

 

質疑

雇用の問題をどうクリアしていますか?

応答

仕事も港に集中していましたので、新規事業の工場(木質バイオマス火力発電所)などをつくって対応しています。

 

 

 

あらいみか(新井美加)

あらいみか事務所

〒371-0846 前橋市元総社町2274
tel: 027-289-6469 fax: 027-289-6468
mail: info@araimika.com