ブログ

ひまわり

2021.07.30 <日記

IMG-8273.JPG20代の頃にソフィア・ローレンの「ひまわり」という映画を観て、

意味がわからずに「なんだか寂しい暗い映画」と思ったまま時が過ぎ、

オードリー・ヘップバーンや ヴィヴィアン・リーに夢中になっていた30代。

40代後半でもう一度、「ひまわり」を観た時、主人公の切なさや悲しさと反比例するかのように、地面いっぱいに咲き誇るひまわりがスクリーン全体に映し出され、なんとも悲しくて声をあげて泣いた。

美しすぎる主人公の深い悲しみとサンフラワー(ひまわり)が実はぴったりであった。ソフィアローレンしか演じきれない情緒ある迫真の演技。

あれから何度も何度も「ひまわり」を観た。だから夏になると大好きなひまわりが花屋や街角を飾り、嬉しいのだが、なぜか悲しくなる。

さて、今月で私は50代の後半。ひさしぶりに「ひまわり」を観てみようと思う。

あらいみか(新井美加)

あらいみか事務所

〒371-0846 前橋市元総社町 2274
tel: 027-289-6469 fax: 027-252-0143
mail: info@araimika.com