ブログ

市民経済常任委員会 まえばし環境の学び舎事業について

2016.10.31 <日記

2 まえばし環境の学び舎事業について

 (1) 平成27年度の実施内容

(質問)

 本市では、赤城山ヒルクライム大会や今年度からはじめて開催する前橋クリテリウム2016など自転車を活用した街づくりに大変力を入れている。  

自転車の利活用は地球温暖化対策などの環境面からも、二酸化炭素を排出しない移動手段として大変有効であり、市をあげてのこのような事業は大変意義ある取り組みである。

 しかしながら、環境政策においては、このような大々的なイベントだけではなく、常日頃からの地道な環境教育が一番重要であると考える。

 そこで、平成27年度に新たな環境教育の一環として実施した「まえばし環境の学び舎事業」について、実施した経緯と昨年度の実施内容について伺う。

 

 (答弁者 環境政策課長)

 まえばし環境の学び舎事業についてでございますが、実施の経緯といたしましては、平成26年8月1日に群馬県内で初めて環境教育等促進法で定められている「環境教育等における体験の機会の場」に粕川町中之沢にありますサンデンフォレストが認定されました。 

市といたしましても、これを契機に子ども達が里山体験を通して自然環境について多くのことを学び、環境問題に興味を持つきっかけにしていただきたいと考え、平成27年度に新規事業としてサンデンフォレストを会場にまえばし環境の学び舎事業を実施いたしました。

 また、昨年度の実施内容につきましては、里山に残っている雑木林の手入れ等を通じ、多様な植物や生物が住む環境を作ることをテーマに、年4回シリーズで実施し、親子約30名の方々に参加いただきました。

 具体的な、活動内容としては、ぐんま森林インストラクター会などから専門の講師を派遣していただき、森の散策や間伐材を利用した椅子作り、さらには前橋東ロータリークラブの協力により巣箱の設置を行うなど、参加者からは非常に貴重な良い体験ができたとの声をいただき、好評をいただいた事業でございます。


(要望)
子どもたち自らが自然に触れ、環境の大切さを知ることこそ「環境教育」だと思います。
引き続きの事業継続を期待いたします。

 

あらいみか(新井美加)

あらいみか事務所

〒371-0846 前橋市元総社町2274
tel: 027-289-6469 fax: 027-289-6468
mail: info@araimika.com