ブログ

元総社蒼海土地区画整理事業で整備を進めている西毛広域幹線道路について

2015.03.29 <日記

元総社蒼海土地区画整理事業で整備を進めている西毛広域幹線道路についての質問は何度かしておりますが、

この案件についての初めての質問。

昨年度9月、建設水道常任委員会、決算においての質問ですので、25年度決算内容を聞いています。

  土地区画整理事業について

(1) 元総社蒼海土地区画整理事業

 ① 元総社蒼海土地区画整理事業で整備を進めている西毛広域幹線道路についてお伺いいたします。

西毛広域幹線道路は、国道17号の千代田町三丁目交差点を起点とし、高崎市、安中市を経て富岡市に至る「群馬県西毛の交通軸」として位置づけられた主要幹線道路であり、当該幹線道路の整備効果は、西毛地域と本市とのアクセス向上はもとより、本市の中心市街地活性化に大きく寄与する重要路線であるものと認識しております。

   そこで、蒼海地区の平成25年度決算は地区全体で約13億円の支出とのことですが、西毛広域幹線道路関連における平成25年度の事業内容、事業費及び進捗率について、お伺いします

 

 (答弁者)

   西毛広域幹線道路関連の平成25年度の事業内容についてですが、建物移転、文化財調査、橋梁整備を行いました。

   西毛広域幹線道路関連のそれらの総事業費は約1億4、400万円であり、平成25年度末の道路整備率は道路延長ベースで約76%でございます。

 

  土地区画整理事業について

  (1) 元総社蒼海土地区画整理事業

  ② 西毛広域幹線道路の整備については、建物移転や文化財調査など関係権利者や関係部署と協力しながら進めた結果、平成25年度末の整備率は約76%に達したとの答弁をいただきました。

西毛広域幹線道路の供用開始は、本市全体の発展のみならず、地元、元総社地域の発展や生活者の安全安心さらには利便性向上に大きく貢献するものと大いに期待しているところでございます。

    そこで、蒼海地区における西毛広域幹線道路の今後の整備予定と地区内全線の完成見通しについて、お伺いします

 

 (答弁者

    蒼海地区内の西毛広域幹線道路につきましては、残り約235m部分の文化財調査、道路築造及び全線1,125mの舗装工事等を今年度と来年度の2ヵ年での整備を進めてまいります。

    地区内全線での開通時期については、文化財調査等により不確定要素はありますが、平成27年度上半期での供用を目指して取り組んでいきたいと考えております。

あらいみか(新井美加)

あらいみか事務所

〒371-0846 前橋市元総社町2274
tel: 027-289-6469 fax: 027-289-6468
mail: info@araimika.com