ブログ

総括質問 フィルムコミッション事業の推進について

2015.03.18 <日記

27 総括 新 井 美 加 議員

4  フィルムコミッション事業の推進について

  (1) 誘致の現状

  本市は、東京から100km圏内という地理的条件に加え、豊かな自然や趣のある街並みなどを有する点で撮影の優位性をもっており、ドラマやCM、映画の撮影地になるなど、撮影に適したロケ地として問い合わせやロケ地選定となっているが、誘致の現状についてお聞きしたい。

 

(答弁者)

前橋フィルムコミッションの誘致の現状についてお答えいたします。

 平成24年度には、233件の問い合わせがあり、34件の撮影、平成

25年度には、240件の問い合わせ、46件の撮影が成果となっており、前橋観光コンベンション協会の事業として誘致支援を行なっております。

  本市では、観光コンベンション協会の中で財政支援をするとともに、ロケ地によっては、市が支援を行なわないと撮影できない場所がありますので、この場合、本市が申請をおこなうなどし、ロケ地として撮影を行なっていただいております。

 

(質疑)

本市は、観光コンベンション協会の中で財政支援をするとともに、ロケ地によっては、市が支援を行なわないと撮影できない場所があり、この場合、本市が申請をおこなうなどし、ロケ地として撮影を支えていることはよくわかりました。

 4  フィルムコミッション事業の推進について

  (2) 今後の目標、取り組み

 フィルムコミッションの事業の誘致実態についても了承いたしました。

先日、先進地である北九州市のフィルムコミッションについての講演会がありました。

北九州市はフィルムコミッション事業で街を活性化したことで有名となり、マスコミも数多く取り上げています。

 ところで、北九州市の広報課内に6名の専任体制をもち事業を推進していると伺ったが、本市での今後の目標、取り組みについて伺いたい。

 

 
(答弁者)

前橋フィルムコミッション事業の今後の目標、取り組みについてお答えいたします。 
フィルムコミッション事業の観光振興面での意義としては、本市における経済効果であると考えます。この点につきましては、滞在時間が長い撮影が望まれますが、首都圏から近いというメリットが、逆にデメリットとなる場合もあります。

  事業開始より、現体制同様の財政支援、人員で事業を行なっており、人員増の予定はありませんが、多くの撮影機会の提供ができるよう地道に取り組んでいくことで撮影者側との緊密な関係を築くことにより、宿泊をともなう撮影につなげていきたいと考えております。

  また、多くのロケ地が提供できるよう、ロケ地情報についても分かりやすいかたちで情報提供を努めるよう、関係者と連携して取り組んでまいります。

 

(要望)

 私自身、七年前に公開された、クライマーズハイで前橋が撮影に使われた頃から
前橋でのフィルムコミッション事業には着目しておりました。
実は、先日地元の喫茶店で撮影が行われているところに遭遇しまして
一般のギャラリーに混じってしばらく見学しておりました。

普段は静かな街が大変、明るく、賑やかになり、フィルムコミッション事業と街の活性化・・そして街の再生はつながっていくものと感じました。

 現在、前橋市は大河ドラマ「花燃ゆ」で盛り上がっておりますが、

「花燃ゆ」のあとの話題づくりの第2弾、第3弾としてフィルムコミッション誘致を観光に繋げていくことを期待します。

あらいみか(新井美加)

あらいみか事務所

〒371-0846 前橋市元総社町2274
tel: 027-289-6469 fax: 027-289-6468
mail: info@araimika.com