ブログ

総括質問 保育について

2013.06.28 <日記

1 保育について

  (1) 待機児童の現状

待機児童の問題は全国的な課題として対応が求められており、横浜市での取り組みが大きく取り上げられたところである。このような中、本市における保育所入所の待機児童の状況はどのようになっているのか。

 

(答弁者 福祉部長)

 待機児童につきましては、厚生労働省が年に2回、4月1日と10月1日現在における待機児童数の全国調査を実施しており、平成21年4月以降、この平成25年4月1日時点までゼロ人となっております 

 

1 保育について 

  (2) 今後の取り組み

待機児童の状況は理解したが、現状で全ての児童が希望の保育所に入所できる状況にはないと認識している。今後、どのような取り組みを行なっていくのか伺いたい。

(答弁者 福祉部長)

 現状では、特定の保育所を希望しているため待機になったり、希望先ではないがやむを得ず自宅から離れた保育所に通所している児童もいる状況にございます。今後とも施設整備による定員増や分園設置などを検討し、できる限り入所希望に対応できるよう取り組んでまいりたいと考えております。

 

 1  保育について 

  (3) 病児・病後児保育の現状、対応

① ファミリーサポートセンターの状況

 先日、高崎市が昨年からファミリーサポートセンターを利用した病児・病後児保育をスタートさせたとの記事を見かけたが、本市の対応はどういう状況にあるのか伺いたい。

(答弁者 福祉部長)

本市のファミリーサポートセンターでは、病児緊急対応強化事業として、病児・病後児の預かりを平成23年度から実施しております。

 これまでの実績といたしまして、23年度に53件、24年度に33件の病児・病後児の預かりを行っております。

 

1 保育について 

  (3) 病児・病後児保育の現状、対応

②あずけて安心看護師配置補助事業について

 保育所に看護師が配置されていることにより、入所中の児童が体調不良になった場合に、保護者が迎えに行くまでの間、児童を安心かつ安全に預けておける、昨年度から新たに事業を開始した、あずけて安心看護師配置補助事業についてサービスを実施している保育所はどのくらいあるのか、お伺いしたい。

 

(答弁者 福祉部長)

現在、看護師が配置され、事業を実施している保育所は、民間保育園4か所となっています。以前より実施していた、体調不良児保育事業を行っている10か所と合わせ、14か所の保育園に看護師を配置しています。

 

1 保育について 

  (4) 保育士の処遇改善

民間保育士の給料が低賃金のため、離職する保育士が多く、保育士の人材確保が困難となっている面があると思われる。そこで、民間保育士の処遇改善について、本市はどのような対応を考えているのか。

 (答弁者 福祉部長)

 民間保育士の処遇改善については、国も取り組みを推進しようとしており、本市においても国の施策に基づき、各保育園に勤務している保育士の平均勤務年数に応じ、賃金に上乗せ補助を行う事業を検討しているところです。 

 

1  保育について 

  (5) 放課後児童クラブの現状

 小学生の放課後の居場所となる児童クラブは、親が働いて留守になる家庭にとって、大変重要な場所であると思う。放課後児童クラブはどんな状況にあるのか伺いたい。

(答弁者 福祉部長)

 放課後児童クラブについては、今年度と昨年度の5月現在の比較で、1施設増えまして48施設となっております。また、児童クラブの入所者数につきましては、昨年度に比べ89人増加の2,271人となっております。

1 保育について 

  (6) 放課後児童クラブの今後の取組み

 親にとって安心して子どもを預けられる放課後児童クラブの整備を進めていくべきと思うが、今後の施設整備等の取組みについて伺いたい。

 (答弁者 福祉部長)

 今年度につきましては、天神小学校の敷地内に新たな施設を設置するとともに、入所者数の増加に対応した勝山小学校敷地内の施設の増築を実施する予定としております。

今後も、放課後留守家庭児童の状況に対応し、小学校敷地内への設置を原則として、教育委員会等関係部署と協議しながら、施設整備を進めてまいりたいと考えております。

 

 

 

 

 

あらいみか(新井美加)

あらいみか事務所

〒371-0846 前橋市元総社町2274
tel: 027-289-6469 fax: 027-289-6468
mail: info@araimika.com