ブログ

視察報告 久留米市の公共交通について パート1

2013.05.27 <日記

1、      久留米市の公共交通について

 

久留米市の公共交通の取り組み

1)      路線バス補助(平成13年度~)

平成25年度の対象は市内27路線中9路線

2)      コミュニティバス (平成16年度~19年度)

定例定路線型(ワンボックス車両を使用)

3)      コミュニティタクシー(平成21年度~)

タクシー利用に対する定額補助

4)      デマンド乗合タクシー(平成24年度~)

区域運行定時ダイヤ型(タクシー車両を使用)

 

とくに注目すべき点

○コニュ二ティバス運行状況と検証結果

 ※運行状況 

   ・利用者 4人~11人/日

    (0.3~1.1人/便)

   ・経費 1.500円~4.000円/人

○検証結果

 ※利用者が望む目的地まで行けない

     ⇒バス事業者とのルート調整が困難

 ※便数が少ない、バス停までの移動が面倒

     ⇒マイカー利用者を超える魅力がない

 ※利用者が少なく(他の移動手段がある)輸送効率が悪い

 

今後の業況

 定時定路線の運行形態では、事業を継続することは困難と判断

 


○コミュニティタクシー制度の検証(~H23)

 ※登録者は75歳以上の女性(非免許所有者)が多い

 ※利用者の平均利用回数は19回/年

 

◎利用先は病院、店舗が主体

◎平均利用額(タクシー利用料)は877円。300円の補助があっても利用者は約600円の負担が必要

 

今後の状況

補助上限(50万)に達する校区もあり、登録者の9割が継続を希望する。

 

あらいみか(新井美加)

あらいみか事務所

〒371-0846 前橋市元総社町2274
tel: 027-289-6469 fax: 027-289-6468
mail: info@araimika.com